遥か西から

イスタンブールに留学中の大学生のブログ 帰ってきました(トルコに)

ヒッチハイクもそろそろ終盤でございます。熊谷です。
ドブロブニクについたところでしたが
一つ問題がありました。

ほんっっとにつかれた。もう疲労が溜まりに溜まった。
ドブロブニクはすごくきれいな街で
早く見回りたいとうずうずうずうずしていたのですが
体が重くってしょうがない。

出発したのが12月26日で、
ドブロブニクについたのが1月24日。
漂い続けておよそ一か月。そりゃ疲れるな…

期限もギリギリでしたが、体が追い付かなかったので
3日ほど休みを取ることにしました。2日ホステルに泊まり
1日はCouchSurfingで見つけたホストの家へ。

一日目はもうほんと何をするでもなくひたすらベッドで休み
友達と電話をしてゆっくりして、そのあとは観光に出かけました。

僕クロアチア大好きです。
自然が好きな自分がいるっていうことを気づかせてくれた国の一つ。
そうやって知らない自分を教えてくれるのが嬉しかったし、楽しかった。
「自分探しの旅に出る」って鼻で笑ってしまいそうな言葉ですけど
そういう側面もきっとあるんでしょうね。

IMG_20190126_120255
少し中心街から離れたところから。海がマジできれい。人生イチ。

IMG_20190126_132316
ユーゴスラビア内戦の際に爆撃されたそうですが、見事復興してこの美しい街並み。


IMG_20190126_135438
こんなに透明な海見たことありますか?

IMG_20190126_123627
街中はこんな感じで、地中海の雰囲気たっぷり。

IMG_20190126_151856
Couchsurfingのホストに車で連れて行ってもらった頂上。
ほんとならロープウェイに乗るところですが、車でタダで行けました。
IMG_20190126_124322
こういう入り組んだ路地、好きだなぁ。
IMG_20190126_164720
さよならクロアチア…

多分いちばん滞在した日数が長い場所かも。
疲労のせいもあるけどね。体は資本ですね。
20㎏近い荷物背負って歩きまわってたらそうなりますね

思い入れも出つつありますが、ホストに別れを告げ
またヒッチハイクへ。このまま隣国のモンテネグロへと向かいます。

スクリーンショット (5)

距離にしておよそ150㎞。そんなに遠くないな。
バスに乗って中心街へと向かい、ヒッチハイクできそうな場所へ。

ほどなくして一台止まってくれて、
道が分岐する前のところまで連れて行ってもらいました。
「今から用事あるけど、この道に戻ってきてまだお前がヒッチハイクしてたら
空港らへんまで連れてってあげるよ!」と優しい言葉をかけてもらい、
保険をゲットした僕はのほほんとヒッチハイクを続けます。

するとまた一台止まってくれた。大型のバン。
そして英語が話せないおじさん。
前回の詐欺おじさんが脳裏をよぎる。
お金は持ってないよ!!と伝えると
何言ってんだよ乗れ的な感じで促してくれた。ありがとう。

そのあとも順調に進み、空港前まで連れて行ってもらった後、
ほどなくしてもう一台止まり、モンテネグロ国境手前まで到着。
例によって国境付近ではヒッチハイクできないので、
少し歩きます。少し。

スクリーンショット (7)
最初に出迎えてくれたのは牛でした

車通り多くなりそうなところまで歩こ~と思っていると
一人のバックパッカーのような女性が。
Where are you from?と聞かれたのでJapanと答えると
「あ、同じだw」と日本語が。 マジか。

この時点で日本人と出会うのは初めてなうえ
わりと普通な感じのリュックにトートバック持ってたので
びっくりしました。新しいスタイル

なんでもこれからドブロブニクへ向かうそうで。
年は僕と同じくらい。どこから来たんですか?と聞くと「香港」。
香港!?!?え?あのHong Kongですか!?

しかも移動手段がヒッチハイクだからビビった。
まさか全行程ヒッチハイクではないと思うけど…
自分の旅がちっぽけに感じた瞬間でした。
今何してるんだろう。

小さい背中に背負ったリュックに別れを告げ
無事入国を果たし、歩きます。

しかしこれが遠かった。国境付近は基本的に人の住むとこじゃない。
特にバルカンらへんは山が多いので…

IMG_20190127_125429
こんな道をず~~~っと歩く

一時間ほど歩き続けたでしょうか、
やっとお店やらガソリンスタンドやら見え始め
車が止まれそうな場所を見つけヒッチハイク開始。

段ボールには少し奥のKotorという都市の名前を書きます。
ここも観光地らしい。どこかのホステルでお勧めしてもらった。

ほどなくして一台のバンが止まってくれました。
乗っていたのはベルギー人の男性。
自転車関係の会社に勤めていたそうですが、
会社を辞めて自分でキャンピングカー風に改造したバンで
ヨーロッパを3か月ほど旅するとのこと。
こういう生き方あこがれるなぁ。

彼も本当に、自分のしていた仕事を楽しそうに、
そしてこれから彼を待っている旅に胸を膨らませて、
目を輝かせて僕に話してくれました。
こういう大人に、自分もなりたい。もう大人だけどね

チーズおかきみたいなモンテネグロのお菓子を
二人でついばみつつ、Kotorへ到着しました。
若干ドブロブニクっぽくもある、地中海テイストの町。
IMG_20190127_162436
IMG_20190127_163531

ベルギーの彼にはいったん別れを告げ、また夜にでも飲もうと
約束をしてホステルへ。このホステル、無料の赤ワインが置いてあったなぁ。

荷物を片付けて、近くのスーパーへと買い出しに出かけます。


今日はここまで!
次回は嵐に襲われ、ホモに襲われ
と盛りだくさんの国、モンテネグロ。

ではまた!

パソコンを買い替えてあまりの使い心地のよさに
俄然やる気が出ました。熊谷です

お金せびってくるおじさんをなんとか切り抜け
マカルスカに一泊した後、ドブロブニクへ。

スクリーンショット (3)





















近場にヒッチハイクできそうな場所があったので
早速開始。この日はめちゃめちゃ天気が良かった

IMG_20190124_090828













サイクリングも人気なのか
マウンテンバイクに乗った人たちが
通り過ぎていきました、気持ちいいだろうなぁ

真冬の日光が照りつける中、待っていると
ほどなくして一台おじいさんが止まってくれました
昨日の今日で教訓を得たので
ちゃんとお金持ってないけどいい?と聞く
英語は通じないみたいだったけど
ボディランゲージで伝えると「何野暮なこと言ってんだ」
みたいなことを伝えるように右手と首を振ってくれた
安心して乗車。

このおじさん、運送屋さんらしく
僕が乗ったときはなんか粉?を運んでるみたいでした
怪しいものじゃないか…とか思ってましたが
道中パン屋に寄り、あ、そっち系ねと納得。

IMG_20190124_120308














パン屋でいくつかパンいただきました。
おじさんにも途中キオスクみたいなところで
飲み物買ってくれた。感謝。

そのあとはもうず~~~っと
何もない荒野みたいなところをひた走る。
ぽつぽつとみかんの木と
みかんを売っている屋台のような小屋が見えてきた

IMG_20190124_121953













こんな道をず~~っと走ってました

ほどなくして分かれ道が見えて
運転手は別のほうに行くらしく、
手前で下してもらいました。

IMG_20190124_121632














乗せてもらったとき、「日本人だ」と伝えると
「オォ~…チンチョンチャン」とバリバリ人種差別されました
あまりに唐突すぎて何も言えなかったよ。ありがとう!

そこからはピザ屋とみかんの木しかない道で
引き続きヒッチハイク。なかなか捕まらない。

IMG_20190124_122055















ミスチルの未来が好きなんですが
すごく雰囲気とあってて聴きながら熱唱して待ってました

1時間くらい待っていると、やっと一台止まってくれた。
デンマーク人の夫婦で
バケーションでクロアチアを縦断しているとのこと。
借りた車らしいのですが、1日5000円しないくらいで
借りられるみたい。意外と安いな…

目的地のドブロブニクは実は飛び地になっていて
一度ボスニアの国境を挟んでもう一度クロアチア
という少々複雑な位置関係になっています。
この夫婦はドブロブニクと逆の道に行くそうだったので
分岐する前の国境のゲートのところで下してもらいました。

IMG_20190124_140550














徒歩で国境を超えることも慣れました

ゲート付近でボードを掲げていると
検査官が僕のところにやってきました。やべ。
うおおおお来たきたきた

特に何もなく、優しい感じでここでやられると困るから
別のところでやってくれと言われただけでした。ごめんよ
ただ別のところって言っても、ここ山中の道で
車止まれるようなとこここしかないんだけども、、、

IMG_20190124_144251













少し奥まで歩くと、
なんとかギリ止まれそうなところを見つけました
これで見つからなかったらここで野宿なのか、、
とか思いつつ続けると、わりとすぐ捕まりました。

走って駆け寄ると、アジア系の男性が
何があったの!?と聞いてきました
確かに場所が場所だし、何やってんだってなるよな…
ヒッチハイクしてて、ドブロブニクに行きたいと伝えると
俺たちも行くとこだよ!
でも道中会議に寄らなきゃいけないんだと言ってきましたが
行けるならなんでもいい!二つ返事で乗り込みました

助手席にも1人女性の方がいて、二人は旅行会社で
働いているそう。男性のほうは韓国人らしい。
この韓国人が面白かった。まぁよくしゃべるしゃべる
日本人は職場でストレスためて、家帰ったら
OPPAI--!!!って叫んでんだろ!?とか。
ステレオタイプの塊みたいな面白い会話をしてました

そんな話もしつつ、やっぱり日本人と韓国人ということで
お互いの国のことについても少し話しました
彼曰く、幼稚園で先生が反日的な絵を描かせようとしたところ
保護者から苦情が来たというニュースがあったらしい。
「私の子どもを差別主義者にさせないで」と。

彼は旅行会社で働いていたので
クロアチアに訪れる旅行者の割合なんかも知っていたのですが
今は中国人が一番多いらしい。そりゃそうだ。
でも昔はアジア圏なら日本人が一番多かったし、
日本はいろんな面でアジアのパイオニアだよな
そこはすごく尊敬しているよ、と言ってくれました。

1つの物事を善悪で括ることは簡単だし
人は簡単なことのほうが好きだから
1人の人間を、国を好きと嫌いの
どちらかに分けてしまうことが多いと思う。
でも実際、人間でも国でも、
みんな少しずついい人で、少しずつ悪い人。
どこを見て判断を下すかは自分次第だけど、
大きい集団を見るときには1人1人に
違いがあることを忘れないようにしたい。

と思わせてくれたドライブでした。
途中、立ち寄った会議先のホテルの海辺で寝そべって考えたこと。

IMG_20190124_153928















このとき、疲れがピークに達していて
横になったまま寝てしまっていました。
たくみ~~!!と呼ぶ声で目を覚まして
会議を終わらせた二人の車にまた乗りこみます。


IMG_20190124_170133













そこからはすぐドブロブニクへ到着し、
予約していたホステルへと足を進めました。

実はさっき、この韓国人の方がくれた
名刺をたまたま見つけて、
あ、上の写真送ってくれって言われてたっけ…
と思い出して、半年越しくらいに送りました。ごめんよ

最近嫌なニュースが多いですね、ほんとに。
隣の国なのに仲良くやれない悲しさ(だからこそかもしれませんが)
Twitterであふれる罵詈雑言に胸が痛みます。
「会ったこともないのに毒を吐けるのは、会ったことがないから」
とこの間友達の会話に気づかされました。
でも逆を言えば、一度会って話をすれば、差別とか偏見って
意外と簡単に、すっと消えてなくなっていくんじゃないかな、って。
少なくとも僕の友人の韓国人は、いい人ばかりでしたよ。
いつかお互い、歩み寄れたらいいなと、心から願ってやみません。

では今日はこの辺で!ばいばい

お久しぶりの更新でございます。久しぶりに見たら半年ぶりでした
いろいろ思うところがあって、最後まで書き切ることにしました。
パリからイスタンブールまでヒッチハイクするより
ブログを書き切ることのほうが難しいことに気づきました。継続って大変だ…

前回、クロアチアのスプリト付近に深夜01:00近くに下ろされた僕。
しかし連絡を取っていたホストとはWiFiをキャッチできず、メッセージが送れなくなり
中心街に出てホステルに泊まろうとしたものの夜遅すぎて漏れなく閉まっていた。
どうする俺。

というかもうどうしようもないのでどこかで野宿しようかと思いましたが
いかんせん観光地でテントを広げられるところがない。ひたすら歩く。

IMG_20190123_015858
地中海の雰囲気漂う街。すごくきれいで人っ子誰一人いないし
もうこのまま朝まで一人で観光してやろうかと思いました。


IMG_20190123_041912
軽く雨が降った後、月が顔を出していました

その後もプラプラ歩いていると、酔っぱらったような様子(?)
のおじいさん二人組に「どこから来たの!!日本か!!福島大丈夫か!!」
と絡まれ(夜中にいきなり大声で来たから怖かった)
濡れた大理石に足を滑らせ階段のあるところで転んだりと踏んだり蹴ったりでした。
もうくたくたになってベンチに座り込む。ああ、疲れた。

…ん…なんか体が痛い…痛い、痛い痛い痛い!!!

うおおおお!?と思い気づいたら外のベンチで寝てました。
寒すぎて起きたみたいです。限界まで寒くなると体痛いんだね。
半年たった今でも覚えてるよあの痛さは


IMG_20190123_073243
起き抜けさんぽ。

とりあえず寒すぎたので、明かりのついてるパン屋さんに立ち寄る。
パンでもむしゃりながらしばらく店の中で体を温めよう…
と思いクレジットカードを見せたら使えねえよの一言で一蹴
このときクロアチアのお金は一銭も持ってない 身も財布もシベリア

またさまよっていると、小さい駅を発見。
中に入っても暖房はありませんでしたが
外よりはましなので車が多くなる時間帯までここで待つことに

この後天気は荒れに荒れ挙句には雨、激しい雹まで降ってきやがりましたが
めげずにヒッチハイクできそうな場所までひたすら歩きます

止まってくれそうなバイパス付近で看板を掲げますが全く止まらない…
何回か止まった!!と思って車追いかけたら逃げていったし。
あれはたぶん道を確認していたのでしょうか…ごめんな
でも俺は悲しかったよ。気を付けて帰ってくれよ。

これ以上ここでやっても仕方ないと思い、付近のガソスタへ
Google Mapでどのくらい動いたか確認できるんですが
6㎞は歩いてました。すごいねGoogle Map
そうこうして歩いているうちに、晴れてきました

IMG_20190123_121631

め~~~~っちゃきれい。人生で見た山の中でもトップクラスにきれい。
この後も載せますがクロアチアはマジで自然が美しいです。
気分も晴れて、ガソスタで聞き込みを続けます。

しかし天気とは裏腹にヒッチハイクはうまくいかず…
誰も次の目的地のMakarskaまで行ってくれません。
でもここはなかなか英語が通じる。
東ヨーロッパでもこの地域差は何なんだろう。

Screenshot_20190820_153851_com.google.android.apps.maps
目指す先はMakarska この先のDubrovnikまで行く予定でしたが…

そんななか聞き込みを続けていると、一人のおばあさんが
「みんな家に帰るためにMakarskaの前で右折か左折するから、
まっすぐ行く人はあんまりいないよ。ここでやっても仕方ないから
もうちょっと下まで行ってみたら?」
と提案してくれ、図々しくも下まで連れてってもらえるように頼み
着いた先で再開。でもうまくいかず…とにかく目的地まで歩いて距離を縮め
まっすぐ目的地まで向かう車に出会える確率を上げます。

IMG_20190123_153919
神々しい…

このときまだ一台しか乗っていなかったにも関わらず
当初の目的地であるDubrovnikには全く近づいていなかったので
もう今日は途中にあるMakarskaに泊まろう…と肩を落としていました。
そんな中、やっと一台車が止まってくれた!!

IMG_20190123_161845
救世主。まじで「やっとだぁ~~~!」って車止まった時口から出たもん。
クロアチアのいいところは自然、後は何もねぇよ!!って教えてくれました
こんなにいい人がいるじゃないですか

この人はMakarskaまではいかないそうで、途中で下ろしてくれました。
そこからまた再開。すぐに止まってくれました。
嬉々として乗り込んだこの車がアクシデントの種になるとも知らずに…

IMG_20190123_163626

IMG_20190123_164611
こんな感じのドライブウェイがずーっと続く。息を呑んだ。呑みまくった。

この運転手はボスニアへ向かうそうで、Makarskaは途中で通るみたいでした。
英語があまり通じず、疲れもピークに達し劇眠い。あかん、寝たらあかんのや…
劇ねむの中単語だけの英会話でなんとか間を持たせ、Makarskaに到着。
大きめのホテルがあったのでそこに車を止めてもらい、WiFiをキャッチして
近くの安いホステルを予約。これがWiFi難民の生き方である

せんきゅーでいつものようにお別れしようと思ったその時事件は起きました。

「えうろ!えうろ!」

ん?なんだ?何?運転手さんがなんか言ってきました。
もう体力的にも限界だった僕は、根気を振り絞り何?何?と聞きなおしますが
「えうろ!えうろ!」しか返ってこず、運転手の人の顔も剣幕。
なんだ、俺なんかしたか。えうろってなんや。えうろ…EURO…ユーロ。€

金か!!!こいつ!!!

しまったァ~~~!!!やられた!!
話には聞いたことあるけど、
「おろしたときにお金請求してくるやつ」に出くわしてしまった!!
このままシラを切って逃げられないかな…と思ったけど
無理そうだったので交渉突入。交渉というより口論だったけど。

12€というなんとも半端な額を請求され(確か)、それならバス乗ったほうが安いわ!
と心の中で叫びつつも、払いたくない一心で抵抗を続ける。
英語vsクロアチア語の口論。しかも渦中にいるのは日本人。
グローバリゼーションを感じる

だめだ!!意思疎通ができない!あたりまえだよ!!
Google翻訳にクロアチア語が入っていたことを思い出し、次の文章を伝える。

「わかった。乗る前にお金は払わないって言わなかったのは俺が悪い。
でも君も乗る前にお金請求しなかったのは悪い。どっちも悪い。
だから12ユーロの半分の6ユーロ払う」

しかしまだ納得しない様子。そもそも伝わってんのかこれは…
だめだ、ここは譲れない。というかそもそもお金は払いたくなかった。
お金払ったらヒッチハイクじゃなくなるから。
最初の目標がヒッチハイクだけでイスタンブールまで行くことだったから。
しかしこのおっさん怒り心頭である。でも俺も譲りたくない。

そしてついにおっさんが根負けしたのか、6ユーロでしぶしぶ承諾してくれた様子。
怒鳴り声に追い出され車を降りました。ああああ胸糞悪い

これ以降は乗る前に「お金ないけどいい?」と聞くようにしてました。
基本的にみなさん「何言ってんだよ!乗れよ」みたいな反応をくれました。優しい世界。
後にも先にも、この手口を使ってきたのはこのおじさんだけだった。

ふと、このおじさんの前に乗せてくれた人の言葉を思い出す。

「クロアチアは自然がいいけど、人も良くないし、治安も悪い、いいのは自然だけだよ!」

少しなるほどと思ってしまったよ。

でもね、いいこともあれば悪いこともある。
冬はなかなか晴れないヨーロッパの気候、
次の日はどこまでもあおい青空。

IMG_20190124_090847

IMG_20190124_090828

IMG_20190124_090759

IMG_20190124_090805

こんなことがありましたが
ヒッチハイクに行った国の中でも、クロアチアは大好きな国です。
次の日のクロアチアからのプレゼントが素晴らしかったから。
嫌なことがあっても、次の日晴れたら何でもよくなるね!

次は魔女宅のモデルと言われているDubrovnikに向かいます!
ではまた



↑このページのトップヘ